スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸前高田、ボランティア足りてません

少し時間が出来たので、28日の土曜日に陸前高田にボランティアに行ってきました。
今回は、宮城県境の小さな港町での川の土砂の除去作業でした。単なる土砂じゃなくて瓦だとか木片だとか大きな石だとか混じっているので、スコップが入らず結構大変です。人手の欲しい作業ですね。
この日も個人での参加で、朝、ボランティアセンターでのマッチングで一緒になった人と作業をしました。大阪や和歌山から来ている人もいて、本当にありがたいですね。ETCと土日1000円のおかげで来られる、と言っていました。

20110528_0.jpg

被災地は広いのでいろいろな場所があります。重機が入りにくい場所もありますし、まだ作業が進んでいない場所は多々あります。この地域では47軒中、19軒が被災しました。小さな集落ですのでまだ作業は進まず、水道も通っていません。まだしばらくかかるだろうとのことでした。

20110528_1.jpg

こちらのお宅でみんなでお昼を食べました。立派なお宅ですが、取り壊さなければいけないそうです。


作業後、少し時間があったので、小雨の降る中、陸前高田の街を見て歩きました。

20110528_3.jpg
真ん中は、「線路だったところ」です。

20110528_4.jpg
駅前の広場です。何度かここも利用したことがありますが・・・。

20110528_5.jpg
駅のホームです。変わり果ててしまい以前と風景が結びつきません。

20110528_6.jpg
キャピタルホテルと、45号線です。

20110528_7.jpg
キャピタルの北側は海になってしまいました。以前はここからだいぶ先に松原が見えたのです。

20110528_8.jpg
南側は、道の駅の辺りから奥に、砂浜が少し残っていました。ここはかつて松原だったところです。昨夏はこのあたりで花火を見たのでしたが。不思議なもので、ここまで風景が変わってしまうとどうにも思い出と感情が直結しません。今は松の代わりに、なんでしょう、恐らく何か塩に強い植物だと思うのですが、私の知らない植物があちこちに元気に生えてきていました。

20110528_9.jpg
写真左に見えるコンクリートの塊は、最初見覚えがなくて、これはなんだっけ?と思いましたが、多分・・・未だによくわかりませんが・・・気仙川と並行して海に伸びていた突堤です。津波で、90度くらい角度が変わってしまって、今は川と直角になっているのだと思います。

20110528_10.jpg
瓦礫がどんどん堆く積まれていきます。あちこちにある集積所はまるで小山です。

20110528_11.jpg
それでも皆さん、一歩一歩、毎日を復興へ向けて過ごしておられるのがひしひしと感じられます。

まだまだ人が足りていません。現地で知り合ったボランティアで泊まりこんでいる人から、もっと人手が欲しいと応援要請がありました。個人でも大丈夫、初心者でも大丈夫です。ぜひ行きましょう。もし私の知人なら、一緒に行きますよ。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

ミーティングとボランティア

5月15日はミーティングでした。
今年度からNorth UPのミーティングは、第1木曜、第3日曜になりました。平日遅番などでどうしても参加できない、といったメンバーにも少しでも対応できれば、という思いからです。

作品ではないのですが、いくつかの企画が動いています。
・映画の街盛岡に関わる企画
・矢巾町青松学園大学の講座での上映(これは決定)
・フリーペーパーの企画
・ほか、他団体の映画の手伝い2つ、など

忙しい中、今回はメンバーの石川が企画を動かしています。檀のフリーペーパーも徐々に形になってきました。
それにしても人手不足だなあ・・・。「人手不足問題」は、最近企画が大きくなってきたり、他所からの協力要請があったりして、結構深刻なのです。

ところで。ミーティングの前に、メンバーの河野ジベ太と鈴木明日香で、陸前高田へボランティアに行って来ました。

20110515_01.jpg
日曜日なのでそこそこ人がいます。大半は現地陸前高田の関係者と、他県から来られた方でした(ありがとうございます)。意外と県央部からは少ない気がしました。初心者、個人でも受付がいろいろと対応してくれるので、ちゃんと出来そうな仕事を振ってくれます。

20110515_02.jpg
私(河野)が参加したのは午前中は津波をかぶったお宅での箪笥の移動作業、午後は田んぼ近くのガレキ撤去でした。鈴木は避難所での炊き出しだったそうです。ほかにも道路側溝の土砂除去などでかなりの人たちが作業していました。

20110515_03.jpg
私のグループは陸前高田初参加・個人参加の集合体でしたが、都内で消防士をされている方や、仕事で環境問題の研究をされている方、またもう20回以上もボランティアに参加している大学生の方などで、いろいろと教えてもらいながら作業してきました。正直な感想として、現場は結構楽しいです。

私の参加理由は・・・陸前高田の関係者でもあるわけですが・・・むしろ、前回のブログでも書いたのですが、震災との向き合い方がよくわからない状態が続いていて、それならボランティアに参加してみたほうがすっきりするだろうという、自分の都合によるものでした。が、実際行ってみると、初参加の方は結構私と同じように、「何もしていない自分がイヤ」という理由だったりして、何かちょっと、ほっとしました。都内から来た消防士さんでさえ、そう言っていたのでびっくりしました。

同時に、被災地ではまだまだやるべきことはいろいろあって、人手が必要だということもわかりました。

例えば、普通の家庭でも男性が亡くなっている場合。高齢者と女性だけでは重いものは動かせない。床の補修作業などで大工さんが入るとなると、家財道具を丸ごと移動したりする必要があります。こんなふうに震災から2ヶ月以上たった今でも、家の中の掃除すら出来ていない場合も多々あるのです。というより、まだまだ全然、といった感じでした。

本当に、行っても役に立たない、なんてことは全くなくて、行けば誰でも役に立つと思います(行っても役に立たないからいくな、という意見もあるようですけど、杞憂です安心してください。それに、もしも万が一役に立たないならば、その役に立たなかった経験を胸に刻んで次に生かせばいいのだと思います。その経験をさせないことこそ有害ではないですか)。

ボランティアセンターも落ち着いてきているようで、参加者と仕事内容のマッチングもしっかりしていました。G.W.後は人が減って、個人でも受付しています。今更、なんてこともありません、本当にまだまだです。もしも、私たちのように迷っている人がいたら、ぜひ行ってください。あなたを必要としている人がいます。

テーマ : 日本映画
ジャンル : 映画

プロフィール

NorthUP

Author:NorthUP
岩手県在住メンバーで映画製作を行っているグループ、North UP riverside apartmentです。名前の由来は岩手を縦断する北上川から。もちろん北上川沿い在住だけでなく、広くメンバーを募集しています(現在のメンバーは盛岡、矢巾、紫波、花巻など各地在住)。とにかくやる気がある人歓迎します!
http://northup.web.fc2.com/

にほんブログ村
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最近の記事
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。